2024年5月19日
Breaking News

看護師が夜勤で働く場合に注意すべきこと

ここでは、看護師が夜勤で働く上で注意したいことを紹介していきます。
一つ目は生活リズムの管理をするということです。
夜勤だからといって、昼寝や長く寝るといったことをする必要はありません。
なぜなら、いくら事前に睡眠時間を長く取っても、体内時計の関係上どうしても眠くなってしまうためです。
意識しすぎて生活リズムを崩してしまうよりも、日頃の体調管理をしっかりと行いましょう。

二つ目には、報告を定期的に行うことが挙げられます。
夜勤は日勤よりも看護師の数が少なく、一人当たりの業務量が多くなり、受け持つ患者さんの数も増えます。
そのため患者さんの急変などに対しても、素早く的確に対応しなければなりません。
慌てないためには、日常的に日勤担当の看護師とこまめに情報共有しておくことが大事になります。

三つ目は緊急時の対応を頭に入れておくことです。
実際、昼間には全然問題のない患者さんが、夜になると徘徊したり暴れたりする事例は少なくありません。
また、夜間は容態が急変しやすく、緊急対応はよくあることです。
そのような場面でスムーズに対応できるように、自分の役割を確認し、しっかりと把握しておきましょう。
加えて、物品の在り処、使用方法等も併せて確認しておくことが大事です。

四つ目は、きちんと仮眠を取るということです。
夜勤は拘束時間が長いため、休憩時間が設けられています。
休める時に身体を休めておかなければ、疲れが溜まって判断力が鈍り、ミスが起こる危険があります。
そうならないよう、なるべく頭を休める仮眠を取るのがおすすめです。